ゲストブック

  • 簡易掲示板です。お気軽に書き込みどうぞ。

名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

これは書き込みテストです

  • URL
  • 2021/01/09 18:34:07

 保吉はずつと以前からこの店の主人を見知つてゐる。
 ずつと以前から、――或はあの海軍の学校へ赴任した当日だつたかも知れない。彼はふとこの店へマツチを一つ買ひにはひつた。店には小さい飾り窓があり、窓の中には大将旗を掲げた軍艦三笠の模型のまはりにキユラソオの壜だのココアの罐だの干し葡萄の箱だのが並べてある。が、軒先に「たばこ」と抜いた赤塗りの看板が出てゐるから、勿論マツチも売らない筈はない。彼は店を覗きこみながら、「マツチを一つくれ給へ」と云つた。店先には高い勘定台の後ろに若い眇の男が一人、つまらなさうに佇んでゐる。それが彼の顔を見ると、算盤を竪に構へたまま、にこりともせずに返事をした。
「これをお持ちなさい。生憎マツチを切らしましたから。」
 お持ちなさいと云ふのは煙草に添へる一番小型のマツチである。(芥川龍之介 あばばばば https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/14_14602.html

moka(えむおか)

  • 2021/01/09 18:50:33

ログイン状態で書き込むとこのように表示されます

権限がありません

  • 2021/04/09 16:29:48

このコメントは、管理者のみに公開されています。

このコメントを閲覧する権限がありません。

権限がありません

  • 2021/05/31 08:17:06

このコメントは、管理者のみに公開されています。

このコメントを閲覧する権限がありません。